オンラインカジノについて分かり易く解説

オンラインカジノにはどんなゲームがある?

オンラインカジノのゲームの種類

オンラインカジノでは数百種類以上ものカジノゲームを用意しています。
たくさんあるカジノゲームのうち、特に人気が高いのがルーレットです。
日本人にもお馴染みとなっていますが、ストレートアップやスプリット、ストリート、コーナーなど様々な賭け方があり意外と複雑です。
その他にも人気なのがスロットです。
オンラインカジノのスロットの場合、日本のパチスロと違って目押しのテクニックは要りません。
そのため初心者の方でも手軽に楽しむことが可能です。
中には高額賞金が期待できるジャックポットスロットもあります。
以前のスロットは絵柄が揃うまで何度も回すだけと言った単純なものでした。
しかしオンラインカジノのビデオスロットはプレイヤーを楽しませる演出がたくさん盛り込まれています。
演出は不要なのでとにかく数多く回したいと言う方はクラシックスロットと言う選択肢もあります。
ブラックジャックやバカラ、ポーカーなどのカードゲームも人気が高いです。
特にポーカーはワンペアやツーペア、フルハウス、ロイヤルストレートフラッシュ、フォーカードなどお馴染みの組み合わせがあり、初心者でも分かり易くなっています。
ルーレットやカードゲームの中にはディーラーが相手するライブカジノもあります。
美人ディーラーと勝負できるオンラインカジノもあり、男性プレイヤーに人気が高いです。
ライブカジノではディーラーとチャットでお話できるのも魅力の一つです。

オンラインカジノの仕組みは?

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノの運営会社はカジノライセンスを取得しています。
カジノライセンスを発行する政府はマルタやマン島、アンティグア、オルダニー島、ジブラルタルなど40か国はあると言われています。
カジノ合法国は世界に130か国以上あると言われているため、カジノライセンス発行国は意外と少ないです。
オンラインカジノのサーバーはカジノライセンスを発行して貰った国にあります。
日本人プレイヤーはインターネットを介してそのサーバーにアクセスし、カジノゲームをプレイすると言った仕組みになっています。
オンラインカジノの運営会社はソフトウェア会社と契約し、カジノゲームを提供しています。
運営会社はソフトウェア会社に利用料金を支払しています。
プレイヤーはオンラインカジノのアカウントにて入出金を行うことが可能です。
お金を賭ける時はアカウントに入金し、チップを購入することが必要です。
カジノゲームに勝った時にはペイアウトの受け取りができますが、負けた時はチップ没収となります。
入金した分、勝った分は出金することが可能です。
この入出金はecopayzなどの決済サービスを利用するのが基本となっています。

ゲーム結果の不正は?

オンラインカジノに不正はある?

オンラインカジノでお金を賭けたプレイを楽しむ時に気になるのがゲーム結果の不正です。
不正なゲーム結果が出るのでは、幾らお金を賭けても勝つことはできません。
しかしソフトウェアの公平性など厳しい審査をクリアしないとカジノライセンスの取得ができませんので、不正なゲーム結果が出ると言う心配は殆どありません。
導入しているカジノゲームはオンラインカジノの運営会社が開発したものでは無く、外部のソフトウェア会社が開発したものです。
そのソフトウェアには乱数発生プログラムが導入されており、ランダムなゲーム結果が出る仕組みになっています。
さらに第三者機関による監査を受けており、勝手にゲーム結果を変更すると言ったことはできません。
しかし一部にはカジノライセンスを取得していないと言うオンラインカジノが存在しています。
不正が判明しカジノライセンスを剥奪されても、無許可で運営すると言ったオンラインカジノもあるために選び方が重要です。
きちんとカジノライセンスを取得しているか、第三者機関から監査を受けているか、マイクロゲーミングやプレイテックやクリプトロジックなど有名なソフトウェア会社と契約しているかどうかチェックして下さい。

問題点はあるの?

問題点なんてあるの?

オンラインカジノにはギャンブル依存症と言う問題点があります。
競馬や競輪やボートレースなど日頃からギャンブルする方が陥りやすいと言うイメージがありました。
しかし初心者でもビギナーズラックにて陥りやすいために注意が必要です。
1回当たりの賭け金が多いと言う方、負けた時に取り返そうとする方、ギャンブルを辞めるように周りから言われた経験がある方、家族に隠れてギャンブルを行っている方、借金してギャンブルを行ったことがある方など、心当たりがある方は要注意です。
ギャンブル依存症に陥らないために重要なのが、あくまでもレジャーの範囲で楽しむと言うことです。
ギャンブルで一儲けしようと考えてはいけません。
お小遣いの範囲までで賭けておき、負けが続いたらそのまま諦める勇気が必要です。
自覚症状に乏しいですが、ギャンブル依存症に陥ってしまった場合、認知行動療法によって治療ができると言われています。
家族から指摘されてもギャンブルが辞められない場合は、医師に相談してみて下さい。